会社情報

情報セキュリティへの取り組み

日本テレマティーク株式会社は、全社をあげて情報セキュリティの確保に取り組んでいます。2005年12月に「BS7799-2:2002」及び「ISMS認証基準(Ver.2.0)」の認証を取得し、2007年1月に「ISO/IEC 27001:2005」及び「JIS Q 27001:2006」への移行を行いました。
会社の保有する情報資産と、それに関連する脅威、脆弱性を明らかにし、リスクアセスメントを実施すると共に、情報資産を適切に管理するためのセキュリティ対策を実施しています。

情報セキュリティ基本方針

日本テレマティーク株式会社は、情報システムの開発・販売活動を軸にIT事業を展開する企業として、情報セキュリティを事業活動の最重点事項と位置付けるとともに、IT企業として社会的責任を果たす最良のセキュリティを積極的に実現していくことをお約束します。

  1. セキュリティに配慮した事業展開

    お客様に最適なサービスを提供できる「真」の提案型ソリューションサプライヤを目指しています。
    この実現にあたっては、お客様のニーズや課題を的確に把握することが必須であり、また、お客様をはじめとするステークホルダーの情報資産(顧客情報など)の機密保持や、提供するサービスの情報セキュリティの実装を図ることにより、お客様の総合的な満足度向上と信頼を得ることとします。

  2. リスクマネジメント基準

    1. 会社の保有する情報資産と、それに関連する脅威、脆弱性を明らかにし、リスクアセスメントを実施します。また、情報資産を適切に管理するためのセキュリティ対策を施します。
    2. 情報セキュリティ関連法令(個人情報保護法、著作権法、不正アクセス禁止法など)や契約に基づく義務を遵守します。
    3. 情報セキュリティマネジメントシステムを継続的に維持・改善していくために、トップマネジメントを中心とした経営陣及び情報セキュリティ管理責任者による情報セキュリティマネジメント体制を作り、全社員一人ひとりに対する情報セキュリティ教育を徹底します。
  3. ステークホルダーへの決意表明

    ○お客様
    私たちは、常にプロフェッショナルとしてのセキュリティ能力を高めることで、お客様に安心してご利用いただける商品・サービス・システムを提供いたします。
    私たちは、お客様からお預かりした大切な情報を責任もって適正に管理いたします。
    ○社会
    私たちは、法令等の遵守に加え、情報セキュリティ技術の開発、先進的な情報セキュリティへの取り組みの実践等を通じて、積極的な社会貢献に努めます。
    ○ビジネスパートナー
    私たちは、情報セキュリティの実現に向けて、日本テレマティークの事業活動を支えるビジネスパートナーと相互に協力しあえる信頼関係を築きます。
    ○社員
    私たちは、全社員一丸となって情報セキュリティ実践に取り組むために、社員一人ひとりがお互いに協力し合い、それを実現できる環境を改善整備します。

  4. マネジメントシステムの改善

    情報セキュリティマネジメントシステムは、トップマネジメントまでを含めた定期的な見直し・改善を継続することとし、新たな脅威にも的確に対応します。

日本テレマティーク株式会社
代表取締役社長 宮園 昌明